プログラミングと資産運用な日々

プログラミングと資産運用が中心の雑記ブログです。

投資信託とは? 初心者におすすめの資産運用ですよ

ビットコインやFXで大損しちゃった、株は何を買えばいいか分からない。 そんな人には投資信託がオススメ。初心者が投資で稼ぐには、まず投資信託からはじめましょう。

 

投資信託がオススメ

 

 

投資信託とは

投資信託(=ファンド)は、投資家(=皆さんのことです)からお金を集めたお金を、プロのファンドマネージャーが株や債権に投資して運用する金融商品です。

 

利益が出れば、その分、投資信託(ファンド)の価格が上がったり、分配金として還元されたりします。

 

投資信託を売ったり、分配金を受け取ることで、投資家である皆さんが儲けを得ることができる仕組みです。

 

株との違い

NTT、日立製作所、JR東日本等の個別の会社の株を個別株と言います。

 

投資信託の場合は、個別株をまとめて一つの投資信託にしています。

 

まとめ方は様々ですが、日経225全体や、小型株、ベンチャー企業等、特徴のある投資信託が沢山あります。

 

また、日本の株式以外にも、海外の株、債権、不動産、これら全てのミックス、等、投資信託によって様々な商品を扱っています。

 

投資信託のメリット

稼ぐのが比較的簡単で安心

投資信託

株と違って倒産や上場廃止の懸念がありません。 また、値動きもゆるやかなので、メンタルに優しいです。 この後紹介する、積立やドルコスト平均法を使えば、更に難易度が下がります。

 

沢山ファンドが選べる

世の中には数千本以上の投資信託がありますので、自分にあったファンドを選べます。 証券会社によって、扱っている投資信託が異なるので、多くの投資信託が購入できる証券会社に口座開設することが重要です。

 

オススメ証券会社

SBI証券と楽天証券が最強!

SBI証券楽天証券は、投資信託の取扱数について、日本で2トップの品揃えです。 この2つに口座を開いておけば間違いなしです。

投資信託のデメリットは?

もちろん値下がりする可能性もあります

f:id:toyo--104:20180507225939j:plain

 

金融商品なので、当然、株式市場などが値下がりすれば、損をする可能性もあります。

 

不況が続けば投資信託がなかなか値上がらず儲からなかったり、リーマンショック等の大きな金融危機があると、一気に資産が減ることも。。

 

対策は、あとで紹介する、「ドルコスト平均法を使った積立投資」があります。

 

償還がある

投資信託には、償還日の設定があります。償還日とは、投資信託の運用が終了する日のことです。

 

償還日が来ると、損をしていても強制的に投資信託を売らなくてはいけません

 

償還日が無期限のファンドも沢山ありますので、こちらがオススメです。

ただ、無期限のファンドも人気がなくなって資金流出が進むと、償還されることがあります。

 

手数料などの費用がかかる

証券会社や投資信託によっては、手数料がかかることがあります。 同じ投資信託でも、証券会社によって手数料がかからない場合がありますので、どの証券会社で購入するかが重要です。

 

投資信託のコツ

積立で購入する

例えば1,000万円あったとして、1回で全額投入するのは危険です。 たまたま買ったタイミングが値上がりしたタイミングで、二度とその値段に戻って来ない可能性があります。

 

毎月10万円ずつ100回に分けるなど、少しずつ小分けにして積立て購入することが、損しないコツです。 2018年現在、SBI証券では、毎日100円単位で購入することが可能です。

 

※ファンドによります このような投資方法を、ドルコスト平均法といって、確定拠出年金などでも広く利用されています。

 

信託報酬が低い投資信託を買うべし

信託報酬は、投資信託の運用会社に支払う運用委託料のことです。 購入時の手数料とは違い、運用している間、継続して費用がかかります。

 

大体、年0.5パーセントから、高いものだと数パーセントに上るものもあります。 投資信託はファンドによって、信託報酬が高いもの、低いもの様々あります。

 

単純に株式などの投資対象を買い続けるインデックスファンドは、信託報酬が低い傾向に、 一方、ファンドマネージャーが市場を分析して運用方針を決めるアクティブファンドは、信託報酬が高い傾向があります。

 

また、海外株式や海外債券は、為替(ドルと円の両替)のコストがかかるため、信託報酬が高くなります。

 

他にも、毎月分配型の投資信託は、分配に必要な手間がかかるため、信託報酬が高いとも言われています。 なるべく信託報酬が低いファンドがオススメです。

 

分配型と無分配型のどちらを選択するか

分配型について

f:id:toyo--104:20180507230055j:plain

分配金は儲けが出るとそれを投資信託の保有者に還元する仕組みです。 海外REIT(不動産)の投資信託だと、10,000円あたり毎月100円も分配金が出るファンドもあります。

 

ただ、分配金には税金(20パーセント)がかかる上、儲かった分以上に分配してしまうファンドもあり、ただの払い戻しになっているものもあります。

 

古くから運用されているファンドを選んだ方が、安定して分配金を払い出せる仕組みになっていると考えられるので、オススメです。

 

代表的な分配型ファンド

・三菱UFJ国際-ワールド・リート・オープン(毎月決算型)

・日興-ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)

・日興-財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配

・フィデリティ-フィデリティ・USリート・ファンド

 

分配金は仕組み自体は税金の関係もあり、非効率なのですが、毎月お金が振り込まれるのはとても楽しいです。分配金は蜜の味なんて。。

 

無分配型について

無分配型は儲けをそのまま投資信託のファンドに組み込んでいくタイプです。

 

こちらの方が信託報酬も低く、分配金の税金もかからないファンドが多いので、効率よく資産を増やすことができます。

 

今後に向けて資産形成したい人は断然こちらを選んだ方がいいです。含み益を見てニヤニヤしたい人にも。。

 

他にも投資信託の楽しい情報

非課税枠(NISA)

2014年からはじまった利益が非課税になる制度です。 年間の投資額120万円まで、5年間非課税になります。「少額投資非課税制度」と言いますが、少額って感じ悪いですね。笑

 

2018年からは、積立NISAもはじまり、どちらかを選ぶ形になります。 こちらは年間40万円が非課税の限度で、期間は20年です。 老後資金を準備するんでしたら、積立NISAがいいかもしれないですね。

 

他にも、個人型確定拠出年金、という制度もあります。 こちらは年金専用ですが、儲けが非課税な上に、投資金額が控除されて税金が返ってくる、という更にオトクな制度です。

 

ジャンル違いですが、年金目的だったら、個人型確定拠出年金から始めるべきですね。 個人型確定拠出年金も、SBI証券楽天証券が2トップです。

 

ロボファンド

さて、最近はAIなどのテクノロジーの発達もあり、ロボットアドバイザーに自動で運用させるロボファンドもあります。

 

WealthnaviやTHEOが有名です。 何もしなくても、入金して運用指示を出しておけば、ロボットが自動で資産運用してくれます。

 

投資信託のまとめ

投資信託は、年金の運用でも使われている手堅い資産運用です。 コツコツ積立していけば、将来大きな資産になることでしょう。

 

まだ口座開設していない方は、SBI証券楽天証券に口座を作りましょう。

 

⇒ 楽天証券で口座開設する