プログラミングと資産運用な日々

プログラミングと資産運用が中心の雑記ブログです。

S&P500とは

S&P500とは

S&P500って何

 

 

投資や株をはじめるとよく目にするようになるS&P500。

S&P500とは、「米国の取引所※に上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出された指数」のことです。

※ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQ

 

S&P社(standard and poor's)が開発しました。

⇛S&P Dow Jones Indices S&P500公式ページ

  https://japanese.spindices.com/indices/equity/sp-500

 

S&P500の算出式

日興アセットマネジメント HPより引用。

S&P500指数 = 算出時の時価総額 / 基準時※の時価総額 × 10
※指数算出の基準は1941年から1943年

時価総額に連動する指数

さきほどの算出式には、時価総額が使われていました。

時価総額が大きい、主要な大型株の値動きが大きくS&P500の値動きに影響します。

2019年1月末時点でのS&P500構成ウェイト上位10銘柄は下の通り。

マイクロソフトやアップル、アマゾンなどの大企業が並びます。

f:id:toyo--104:20190222121323p:plain

2019年1月末時点でのウェイト上位10銘柄 ※S&P Indices S&P500公式HPより引用

 

S&P500の過去のチャート

以下は1941年~2018年のS&P500の年末終値をグラフにしたものです。

米国経済が右肩上がりの順調な成長を遂げてきたことが、このグラフからも読み取れます。

f:id:toyo--104:20190220150718p:plain

Wikipedia S&P500指数の推移をグラフ化

 

ウォーレン・バフェットも妻に勧める

著名な投資家ウォーレン・バフェットは、妻に遺産の管理について、次のように述べたそうです。

資産の90%はS&P500、残り10%は政府短期国債に投資せよ

それだけS&P500投資の有効性、普遍性を認めていたということでしょう。

 

どうやってS&P500に投資するの?

投資信託を購入する

投資信託を購入するのが一番お手軽です。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬0.17%と低コストでオススメです。積立NISAで非課税にすれば更に恩恵を享受出来ます。

国内ETFを購入する

国内ETFを購入する方法もあります。証券会社の口座を持っていればすぐに購入できます。 S&P500を扱っている銘柄は以下の通りです。

  • 1547 上場インデックスファンド米国株式
  • 1557 SPDR S&P500 ETF
  • 1655 iシェアーズ S&P500 米国株ETF

「1655 iシェアーズ S&P500 米国株ETF」がオススメです。2,000円程度から購入できて分散投資にぴったり。また、信託報酬が0.15%ととても低コストです。

マーケットメイク対象銘柄なので取引量もそれなりにありますし、流動性も気にしなくてOKです。

 

SBI証券楽天証券 なら、1日の約定代金10万円まで、手数料無料で取引できますので運用パフォーマンスを低下させることなく購入ができます。

 

国内ETFの場合は分配金がでます。年利1~2%程度ですが、インカム収入も得られるのはポイントですね。ただし、特定口座で受け取ると配当金にかかる税金20%分、投資信託対比で利回りが低下します。

海外株式市場でETFを購入する

直接海外ETFを購入する方法もあります。 こちらは自分でドルを用意する必要がありますので、ドルを購入する際の為替コストが発生します。住信SBIネット銀行がスプレッド4銭と大変狭かったのでおすすめです。

 

また、証券会社によりますが、取引手数料が数百円~数千円かかることがあります。

SBI証券楽天証券 などの一部証券会社では、NISA口座での買付手数料は無料になっています。(売却は手数料が必要)

 

配当をもらうと外国税額控除分を確定申告しないと米国、日本の二重課税になってしまい、パフォーマンスが低下します。

 

しかし、VOO、SPY、IVV等の本場の米国ETFを購入でき、信託報酬が超低コスト(0.04%~)なので、運用金額が多い方にはオススメです。

S&P500の他にもいろんな指数があります

今回、米国株式の代表的な株式500の時価総額を指数化したS&P500を紹介しましたが、他にも様々指数があります。

 

色々な指数を理解して、ETFなどを購入すれば、リスクヘッジにもなりますよ!

  • 日経225…日本を代表する225株式の平均株価
  • TOPIX…東証一部に上場してる株式の時価総額に連動する指数
  • MSCIコクサイ・インデックス…先進国株式の時価総額に連動する指数
  • 東証REIT指数…東証に上場している不動産投信(REIT)の時価総額
  • ダウ平均…有料米国株30銘柄の平均株価
  • VIX短期先物指数…マーケットの恐怖指数

それでは、良い投資ライフを!