お金プログラム ~だれでもノマド~

ノマド的な稼ぎ方、投資、IT系(プログラミング)に関するブログです。

Windows10へのpythonインストール方法

自分のメモも兼ねて、Windows10にpythonをインストールする方法を書いておきます。

 

f:id:toyo--104:20181004002722p:plain

 

pythonとは?

超流行っているプログラミング言語です。

 

プログラムの記述方法が簡単で、入門しやすいのと、AI系のライブラリが充実しているので近年、注目を集めています。

 

今回は、WIndows10にpythonをインストールする方法を書きます。

 

インストーラーをダウンロードしよう

まずは、python.orgのホームページにアクセスします。

www.python.org

 

Downloads」を押してください。

その後、右の「Python x.x.x」ボタンをクリックすると、執筆時点では32bit版のpythonがダウンロードされるので、赤枠で囲った「Windows」をクリックしましょう。

f:id:toyo--104:20181003235109p:plain

 

そうすると、バージョンをいろいろ選べる画面にやってきます。

入れたいバージョンを選びましょう。ぼくは、最新安定版の3.7.0にしました。

ちなみに、pythonは2.7系と、3以降でコードの書き方が結構変わっています。

注意してくださいね。

 

32bitのパソコンは「x86」を、64bitのパソコンは「x86-64」を選んでください。

web-based installerにすると、インストーラーが勝手にインターネットからパッケージをダウンロードしてくれrので便利です。

f:id:toyo--104:20181003235356p:plain

 

インストーラーを実行

ダウンロードしたら、インストーラーを起動しましょう。

特にこだわりがなければ、「次へ」的なボタンを押し続けれてればOKです。(適当)

 

pythonを実行する

インストールが完了したら、早速pythonを実行しましょう。

 左下のWindowsアイコンをクリックして、「最近追加されたもの」とかに、Pythonが表示されているはずです。

なければ、下の検索ボックスに「python」と打てば、自動で表示されるはず。。

 

f:id:toyo--104:20181004000107p:plain

 

ボタンを押すと、黒いウインドウが立ち上がるはず。

これでpythonを実行できます。

f:id:toyo--104:20181004000259p:plain

 

下の画像のように、

print("test")

とか打ってやると、「test」って表示されるはずです。

f:id:toyo--104:20181004000355p:plain

パスを通す(上級者用)

まずは、pythonのインストール場所を調べる

パスを通したい場合についても、説明します。

パスを通すと、コマンドプロンプトから、pythonを実行できるようになったり、他のプログラムがpythonを実行できるようになったりします。

 

ちなみに、パスが通っていないと、コマンドプロンプトで「python」と打っても、

'python' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

 

と言われてしまいます。

 

パスを通すには、まずはpythonのインストール先を調べましょう。

 

先程の「最近追加されたもの」から、「Python」を右クリックして、その他から、「ファイルの場所を開く」を選択。

f:id:toyo--104:20181004000938p:plain

 

そうすると、ショートカットの場所が開くので、pythonのショートカットを選択して、さらに右クリックで、「ファイルの場所を開く」をクリックしましょう。

f:id:toyo--104:20181004001109p:plain

 

これで、やっとpython.exeの場所がわかるので、パスをコピーしましょう。

f:id:toyo--104:20181004001235p:plain

 

パスを追加する

次に、パスを追加しましょう。

Windowsの設定を表示して、「システム情報」をクリックしてください。

f:id:toyo--104:20181004001509p:plain

 

で、更に「システムの詳細設定」へ。

f:id:toyo--104:20181004001806p:plain

 

さらに、「環境変数」をクリック。

f:id:toyo--104:20181004001922p:plain

「Path」を選択して、「編集」押すと、以下の画面が開きます。

ここで、「新規」を押して、Pythonのパスを貼ってください。

f:id:toyo--104:20181004002056p:plain

 

こんな感じで追加されればOKです。

f:id:toyo--104:20181004002231p:plain

注意してほしいのは、このまま、今までのウインドウを「OK」を押して閉じていってください。きちんと設定が反映されません。

 

コマンドプロンプトで確認

さて、コマンドプロンプトでパスが通ったか確認しましょう。

「python」と打って、下の画面のように、pythonのプロンプトが起動すれば成功です。

f:id:toyo--104:20181004002509p:plain

 

これでお終いです。pythonをインストールして、良いプログラミングライフを。