104blog

投資が趣味なITエンジニアの雑記ブログです。

Pythonの連想配列(dict)のリストを作って、順番に取り出す方法

Pythonで連想配列のリストを作って、順番に別の関数で処理を実行したい、という要件が自分的に発生したので、メモも兼ねてこの記事を書きます。

連想配列の書き方

  • まずは連想配列の書き方から復習。
  • 以下がサンプルコード
person = {
    "name": "山田",
    "age": 20,
    "from":"Tokyo"
}

print(person["name"])
  • サンプルコードの出力結果はこちら。
山田

連想配列のリストの書き方

  • 連想配列をリストに格納するサンプルはこちら。
people = [
    {
        "name": "山田",
        "age": 20,
        "from":"Tokyo"
    },
    {
        "name": "田中",
        "age": 28,
        "from": "Chiba"
    }
]
print(people[1]["name"])
  • サンプルコードの出力結果はこちら。
田中

連想配列のリストからの値を順番に取り出す方法

  • for 連想配列 in 連想配列のリスト で一つずつ取り出して処理できます。
  • 以下がサンプルコードです。
people = [
    {
        "name": "山田",
        "age": 20,
        "from":"Tokyo"
    },
    {
        "name": "田中",
        "age": 28,
        "from": "Chiba"
    }
]

for person in people:
    print(person["name"])
    print(person["age"])
    print(person["from"])
  • 結果は以下のようになります。
20
Tokyo
田中
28
Chiba

まとめ

連想配列やリスト、ループ処理はプログラミングの基本ですね。 これらを組み合わせて、複雑なデータ処理をマスターしましょう。