お金プログラム ~だれでもノマド~

ノマド的な稼ぎ方、投資、IT系(プログラミング)に関するブログです。

ETFのマーケットメイク制度が始まりました

本日7/2(月)から、東証でマーケットメイク制度が始まりました。

ご存知ない方のために、マーケットメイク制度について、解説しますね。

f:id:toyo--104:20180702225412p:plain

 

ETFの流動性を増やすためのマーケットメイク制度

マーケットメイク制度は、ETFの流動性を増やすために始まった制度です。

そもそも、流動性とは、どの程度ETFが取引されているか、取引量を表す言葉です。

 

ETFでよく問題にされるのが、取引量が少ないので、

売りたいときに売れない可能性がある

・買いたい時に適正な値段で注文が出されておらず、不利な値段で買ってしまう

などがデメリットとして挙げられていました。

 

マーケットメイク制度は、この問題を解決するために、専門業者がずっと売買の注文を出し続けてくれる制度です。

 

東証が身銭を切って導入

この制度、東証が注文を出してくれるマーケットメイカーに対して、手数料などのインセンティブを与えるもので、東証が身銭を切ってまで導入したものです。

 

日本では流動性の問題や、投資信託が流行っていることもあり、ETFが流行しませんでした。ですが、投資にかかるコストは、投資信託よりもETFの方が低い傾向にあります。

 

東証としても、投資家を育てるために、マーケットメイク制度を使って長期の資産形成をサポートしていきたい、という思惑がありそうです。

 

制度については、詳しくはこちらの東証マネ部!のホームページに載っていますよ。

money-bu-jpx.com

 

どの銘柄がマーケットメイク制度の対象なの?

記事執筆時点で、98銘柄が対象になっています。

国内外の株式、債権、不動産など多数の選択肢がありますよ。

銘柄一覧はこちらのホームページから。

money-bu-jpx.com

 

まとめ:国内ETFに注目!

今回のマーケットメイク制度で、東証がETFに力を入れていこうとしていることがわかります。

 

ETFもどんどん種類が豊富になって、流動性の問題も解消されれば、有力な投資先として世間に認知されていくことでしょう。

 

僕もETFの残高を日々投資で増加させていってます。皆さんもETF投資を加速してはいかがでしょう?