104blog

投資が趣味なITエンジニアの雑記ブログです。

JavaのMapの基本(連想配列への値の追加・取り出し)

Javaの連想配列であるMapの基本的な使い方を説明します。

f:id:toyo--104:20190407234421p:plain

Mapとは

JavaのMapは、連想配列を扱う事ができる型です。

連想配列とは、キーと値の組み合わせでデータを変数に保存し、キーを指定して値を追加したり、取り出したりできる仕組みです。

大抵の言語で連想配列を使う仕組みが実装されており、プログラミングの基本です。

Mapの宣言

HashMapクラスをインスタンス化して、Map型変数を作ります。

Mapの後のジェネリクス(<>で囲われた部分)に、キーと値の型を指定します。

Map<キーの型, 値の型> map = new HashMap<>();

例えば、キーにInteger、値にStiringを指定すると以下のようになります。

Map<Integer, String> map = new HashMap<>();

Mapへの値の追加

さて、Map型変数を定義したら、値を追加しましょう。

追加は簡単、putメソッドの引数に、キーと値を指定するだけです。

map.put(1,"value1");
map.put(2,"value2");
map.put(3,"value3");

Mapからの値の取り出し

追加がputなら、値の取り出しはgetです。

getメソッドに、キーの値を指定します。

map.get(1);
map.get(2);
map.get(3);

サンプルコード

さて、これまでのMapの定義、キー・値の追加、値の取り出しをサンプルコードにしてみました。

import java.util.HashMap;
import java.util.Map;

public class JavaMap {
    public static void main(String[] args){
        // HashMapをインスタンス化
        Map<Integer, String> map = new HashMap<>();

        // mapに値を追加
        map.put(1,"value1");
        map.put(2,"value2");
        map.put(3,"value3");

        // mapから値を取り出し
        System.out.println(map.get(1));
        System.out.println(map.get(2));
        System.out.println(map.get(3));
    }
}

これを実行してみると、以下のように値を表示することができます。

 

value1
value2
value3

 

関連記事です。

Javaの後継言語、ScalaでもMapが使えますよ。

www.toyo104-memo.com