お金プログラム ~だれでもノマド~

ノマド的な稼ぎ方、投資、IT系(プログラミング)に関するブログです。

【ITエンジニアになりたい人】人手不足で入りやすいし、給料高い狙い目の仕事

ぼくは現役のITエンジニアですが、人手不足の今、転職市場が活況になっています。

知り合いや同僚でも転職する人が増えています。

 

現代社会でビジネスをするには、ITが欠かせません。

どこの企業もITエンジニアが欲しいので、給料が高く、転職しやすい傾向にあります。

他業種からの転職を検討している人も多いです。

 

ITエンジニアに転職しようかな、と思っている人向けの記事を書いてみます。

 

f:id:toyo--104:20180916005600j:plain

なんでITエンジニアは人手不足なの?

人口減少でそもそもの労働者の数が減っています。ニュースで運送業界とかでもよく言ってますよね。

 

しかも現代はIT社会。今や国民の大多数がスマホを持っている時代、企業もサービスを提供するためにはITの力が欠かせまん。

 

でも、ITスキルって身につけるのが難しいんです。。

横文字の訳のわからない単語や、呪文のようなプログラムを理解して、仕事で使えるようにするのは大変です。

 

こういった背景から、ITエンジニアはとっても人材不足になっています。

(求人倍率は7倍超え)

 

ITエンジニアになるのは簡単でも、なってからが大変

そんな人手不足の現状ですから、ITエンジニアになるのは結構簡単です。

今みたいに人手不足と言われる前にぼくも就職しましたが、他業種に比べたら面接の回数は少なかったですね。

 

注意が必要なのは、エンジニアを派遣するだけの会社も多いので、取り敢えず派遣してお金が稼げればいいや~、現場がどうなってもシラネ(笑)。って悪徳企業もたくさんあります。この辺は、企業研究が必要ですが。。

 

で、ITエンジニアって、就職してからが大変なんですよね。

学校で習った技術だけじゃ現場で通用しないですよ、だって現場で使ってるプログラミング言語もOSも違いますからね。

WindowsでC#が書けますって入社しても、LinuxやらJavaやらCやらPythonやら、いろんなスキルが必要な現場に投入される可能性が多々あります。

f:id:toyo--104:20180916230739p:plain

 

あとは、コミュ力が大事ですね。チームでの仕事がほとんど、みんなで一つのモノづくりをするので、現場で使うキーワードを理解して、適切にコミュニケーションを取っていく必要があります。

 

更には、お客さんと話すために、業務知識の勉強も必要です。金融系だったら銀行の業務とか、製造業系だったら製品の作り方とか、業務に合わせたスキルも必要です。

 

ITエンジニアってマルチなスキルが求められるので、どれかで躓いて早期退職してしまったり、メンタルを病んでしまう人が結構います。

(まぁ必ずしも全部必要ではない現場もありますが・・・)

f:id:toyo--104:20180916230648p:plain

就職・転職してから失敗しないためにも、 事前にスキルを習得しておこう

就職・転職してから悲惨な結果にならないように、事前にスキル習得しておくのは必須ですね。

 

よく未経験でもOK、とかいう求人見ますが、入ってから努力するか、今するかの違いです。

 

最終的には、自分でモノが作れないと意味がない訳ですから。

スキルがないと話になりません。

 

未経験だけど、今からITエンジニアになりたいって人はどうすればいいか、思いつくことを書いてみます。

 

簡単な言語からプログラミングをはじめてみよう

とりあえず家にある適当なパソコンでプログラムを書いてみましょう。

いきなりjavaとかpythonとか始めなくていいです。

Windowsでバッチファイルでも書いてみましょ!超簡単ですよ。

以下の記事で紹介してます。

www.toyo104-memo.com

 

バッチができたら、ExcelでマクロやVBA作ったりしてみて、馴染み深いところから始めるといいですよ!

 

Excelなんてどこでも使います。営業職でも事務職でも使います。

Excelでプログラミングできると、仮にITエンジニアにならなくても、普段の事務作業を効率化できてとても便利です。

 

この辺まできてからjavaとかCとかPythonとかを始めると理解が早いですよ。

 

ITはプログラミングだけじゃない、サーバーを立ててみよう!

よくITエンジニアになる人は、プログラムが書ければOK、と思っている人が多いんですが、大きな間違いです。

 

サーバーやOSやネットワークなどの知識がないと、ITシステムの本質を理解したことになりません

 

Windowsパソコンに、Linux OSを入れてみる記事を書いてみてます。

これ参考にしてもらえれば、Linuxの勉強環境を構築できますよ。

www.toyo104-memo.com

 

もっと簡単なのだと、レンタルサーバーでいきなり完成したサーバを使うことができるVPSサービスがあります。

ぼくはConoha VPS を使ってます。こちらで紹介してます。

www.toyo104-memo.com

 

チームプレイを学ぶには、学校に行くのもアリかも

上記のように、一人で学習するのは根気が必要です。続かないかも、、という自信のない人や、チームでの開発を体験しておきたい人は、プログラミングスクールに通うのもアリですね。

 

ぼくも大学では、情報系の学科卒ですので、何度かチームで開発する課題をやりました。

プロジェクトの進め方、とか陥りやすい失敗、面倒な人とのコミュニケーション(笑)などは、やっぱり一人だと分かりませんからね。。

 

ただ、大学に行くのは転職組の人は厳しいと思うので、学習サービスを使うと手っ取り早いです。

WebCampProだと、個人学習、チーム開発、就職サポートと、いろいろやってくれて良さそうですよ。

 

WebCampPro

 

まとめ:プログラミングはやってみる精神が大事

色々と紹介しましたけど、プログラミングって始めるのはすっごく簡単なんです。

家のパソコンのメモ帳で始められるし、開発に必要な大抵のソフトは無料。

ダウンロードしてインストールするだけ。

 

わからない事があれば、グーグル検索すれば、いろんな記事にヒントが転がっています。別に本で勉強してもいいですし。

 

プログラミングやITエンジニアが気になる人は、まずやってみよう精神で、すぐにはじめてみるのが大事ですよ!

以前に記事にも書きました!

www.toyo104-memo.com

 

ホリエモンの多動力読んでもらうと、沢山チャレンジして、失敗しても学びを積み重ねていくことの大切さがわかりますよ!

 

この記事を読んでもらって、仲間が増えれば嬉しいな、って思います。

最後まで読んで頂いた方、長文失礼しました!

ありがとうございました。