お金プログラム ~だれでもノマド~

ノマド的な稼ぎ方、投資、IT系(プログラミング)に関するブログです。

会社が社員の副業を禁止する権利ってあるの?

最近、テレビ等でも副業解禁、というニュースをよく目にするようになりました。

しかし、そもそも「副業解禁」という概念自体がおかしいのです。

f:id:toyo--104:20180519234257j:plain

 

会社にはそもそも社員の副業を禁止する権利なんてないんですから。

この後、解説していきますね。

 

 

法的には、原則副業OK

会社員は副業してもOKなんです。

なぜなら、憲法に「職業選択の自由」があるから。

 

会社では、雇用契約で決められた勤務時間にだけ仕事をするのが原則で、それ以外の時間は会社とは関係のない、各個人のプライベートな時間です。

 

何をしようが、個人の勝手であるべきです。

 

一部例外として、法律では公務員の副業は原則禁止

国家公務員法では、103条、104条が該当

国家公務員の場合は、国家公務員法で禁止されています。原文は以下になります。 営利企業は禁止、非営利企業は許可制、となっています。 

第百三条 職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。 第百四条 職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。 出典:e-gov

 

地方公務員法では、38条になります。 

第三十八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

 

公務員の方は、今後の法改正に期待ですね。 一部、神戸市など、許可制で副業推進している自治体もあります。

 

副業が会社にバレたらどうなるか?

以下は人事向けのページですが、一発解雇は難しいとのこと。

 

就業規則で定めた兼業禁止を守らない社員を解雇できますか?

 

やはり憲法違反になるので、副業を理由に解雇するのは難しいようです。

 

会社の就業規則で禁止しているのは、勝手に会社が定めたことで、法律上は有効ではないのです。

 

先程の公務員の例でもありましたが、副業は許可制にすることが考えられるでしょう。

会社としては、以下のような事があると、会社に損失があるからです。

  • 従業員が副業に取り組んだせいで、体調管理が出来ず、遅刻や欠勤が続くようになった
  • 競合他社で副業したせいで、自社の営業秘密が流出した
  • 従業員が風俗業なので副業をした結果、会社の信用が失墜した

 

しかし、許可制、という呼び方はよくないですね。

 

届出制の方がいいですね。 社員が副業をする際に上記の懸念がある場合は、後々法的に揉めないために届出を行って、会社に損失を与えないか協議する、というニュアンスですね。

 

会社に損失を与えないことがポイント

会社に損失を与えるような副業をすれば、解雇理由にもなりますし、さらには損害賠償請求など、といった事態にもなりえます。

 

副業をする際は、会社に損失を与えないことが絶対的なポイントです。

そうでなく、一方的に会社が副業を禁止するのであれば、それは憲法違反です。

 

就業時間外に行ったことで、会社にも損害を与えてないのに、それを理由に一方的に会社を解雇された、なんてことになったら、精神的な苦痛を与えられた、等の理由で、逆に会社からお金を取れるかもしれませんね。

 

一方で、人事評価は悪くなるかも

言うまでもないことですが、会社と揉めると確実に人事評価は悪くなるでしょうね。

人事評価なんて会社側でどうにでも操作できますし、適当な理由もつけられますから、副業で会社と揉めるときは、今後の昇進は諦めましょう。(笑)

 

人事部も大変

ここで少し休憩です。 副業禁止について、色々と調べていると、人事部も色々と考えさせられることがあって大変だなぁ、と思いました。

 

だから一律副業禁止にしている企業も多いのでしょうか。

従業員の副業をめぐる法的問題:ビジネスガイド調査記事

リンク先に記載のあった話題です。

  • 二重就労のための移動中に事故が生じた場合の労災保険の適用について
  • 副業先で脳心臓疾患を発症し死亡した場合の企業の責任について
  • 本業と副業先との就労時間を合算した場合の残業手当等について

 

たしかに、上の場合の責任や手当など、副業先が絡むととても面倒ですね。

少し人事に同情です。

そもそも、副業を本業にした方がいいのでは?

本当は副業の方がやりたい仕事だった場合、もう副業を本業にした方が充実した人生が送れるかもしれません。

今はネットが発達して、一人でも稼ぐ手段が沢山あります。

今まで色々と紹介してきました。

 

戦時中や高度成長期と現代とは違います。

 

別に本業に縛られて窮屈に生きる必要もないですよね。

起業家として大成功したホリエモンの記事をご紹介します。

 

ホリエモン「副業禁止なんて気にしなくてよくない?」

 

ホリエモンの本を読むと、ますますやる気が出てきますよ。

 

 

他にも、イケダハヤトさんの本も生き方を考えさせてくれます。

読んだことない方は是非。