104blog

投資が趣味なITエンジニアの雑記ブログです。

【エンジニア向け】楽しくて手間がかからない投資の世界

ぼくの本業はエンジニアで、投資が趣味です。

 

このブログでも、プログラミング系の記事と、株や投資信託などの投資系の記事の2つのジャンルを扱っています。

 

エンジニアはとても忙しい職業なので、お金が溜まっていくばかりで投資や資産運用のことなんて考える暇がない方も多いと思います。

 

でも、投資を趣味にすればお金の増やし方を身につけられるし、何より日々価格が変動するので(無茶な投資をしなければ)とても面白いんですよ!

ぼくは株価チェックをするのが日課で、毎日一番楽しい瞬間です^^

f:id:toyo--104:20180708070932p:plain

もちろん、投資で大金を儲けるのは難しいです。

でも、お小遣い程度ならカンタンに、銀行預金に入れておくより高確率でお金が増えます

プログラミングと同じく、とても奥が深いので研究のやりがいもあります。

 

この記事を読んだあなたも、広大な投資の世界に足を踏み出してみませんか?

とりあえず始めるなら「つみたてNISA」

この後、ぼくのオススメ投資を色々と紹介していきたいと思います。

エンジニアって結論から話すことを重視している人が多いので、最初に始めるのにオススメの投資「つみたてNISA」についてお話します。

f:id:toyo--104:20180417011628j:plain

つみたてNISAとは?

つみたてNISA」は投資信託を長期間に渡って購入していくオーソドックスな投資です。今から投資を始める方は、これをやっておけば間違いないですよ!

f:id:toyo--104:20190310015637j:plain

ポイントは以下の通り!

毎日でも毎月でも、コツコツ投資信託を積み立てて購入することで、リスクを抑えて資産が増やせます

 

■「つみたてNISA」で購入できるのは、金融庁が認めた品質の高い投資信託だけ

 

■「つみたてNISA」は、貯金から投資への転換を図る国の政策でもあり、通常の場合は投資信託を売却すると20%の税金を取られるところが、つみたてNISAでは非課税になっています。

 

クレジットカードで購入できる証券会社もあり、ポイントも貯まりますよ!

楽天証券 なら、楽天カードで投資信託を購入するとポイントが1%貯まります

1ヶ月最大50,000円まで、毎月500円分の楽天ポイントが貰えます。

つみたてNISA始めるなら楽天証券が最強です!

⇛楽天証券に口座を開設する

 

楽天証券以外だと、SBI証券も取り扱い銘柄数が多くてオススメです。

まだ投資をはじめていない人は、まず積立NISAからはじめて投資の世界の見聞を広めるといいと思います。

 

つみたてNISA+節税効果「iDeCo」

つみたてNISAは 、手っ取り早く始められる上に利益が非課税になるのですが、さらに節税メリットがあるのが個人型確定拠出年金の「iDeCo」です。

毎月一定金額を拠出して投資信託を購入し、自分専用年金を作る仕組みです。

f:id:toyo--104:20190310015858j:plain
そんなiDeCoの一番のポイントは、なんと「掛金が全額所得控除になる」んです!

年末調整や確定申告で結構な金額が返ってきます

 

どのくらい返ってくるのか、例えば30歳独身で年収400万円の方なら、年間約5,5000円も節税することが可能です。(詳しくはシミュレータなどで計算して下さいね)

iDeCoに申し込んで投資信託を何も買わなくても年間55,000円も儲かるんですよ。

始めないのは損なので、早く始めた方がいいですよ。

 

iDeCoを始めるなら、やっぱりネット証券大手のSBI証券楽天証券 ですね。

手数料が安くて、投資信託も沢山の優良な銘柄から選べます。

⇛SBI証券に口座を開設する

⇛楽天証券に口座を開設する

 

銀行とか店頭型の証券会社は、手数料がネット証券よりも高いので止めた方がいいです。

また、iDeCoの難点は、年金なので60歳まで掛け金が引き出せないことと、口座開設のためには、会社の人事部などに、iDeCo口座開設申込み書類に記入してもらう必要がある事です。

最近はiDeCoも広まってきているので、各会社でも事務手続が出来ていると思いますが、そうでもない会社だと、人事に「?」と思われてしまうかもしれません。

まぁ、今時iDeCoの手続きもない会社って微妙なんで、転職しちゃうのもありかもしれないですよ……。

 

ロボが自動で運用「ロボアドバイザー」

つみたてNISAもiDeCoもやっているという方は、ロボアドバイザーが手間がかからずオススメです。

f:id:toyo--104:20180930113657p:plain

最初にリスク許容度を設定すれば、後は口座に入金するだけで、全自動で海外ETFを購入・運用してくれるというスグレモノです。

WealthNaviTHEOが有名です。

 

ぼくは記事執筆時点で、1年くらいロボアドバイザーを使ってますので、どのくらい利益が出ているか、WealthNaviTHEOの紹介も交えながら、現在の状況をお知らせしますね。

ウェルスナビ

ウェルスナビはロボアドバイザーの中でも最大手です。沢村一樹さん出演でCMも放送されていました。

7種類の厳選された海外ETFの配分を、ロボアドバイザーが自動で調整して資産を増やしていきます。

代表の芝山さんは本も出している元財務官僚です。

 

運用の状況ですが、ぼくは33万円入金していて、現在 +2,908円です。

利益が少なく感じるかもしれませんが、ぼくはリスク許容度MAXで運用しているので、株価動向で評価額が変わるため、たまたまスクリーンショットを撮った時の断面と思って下さい。

f:id:toyo--104:20190310000008p:plain

取引履歴メニューから、分配金の履歴も見ることができます。

コンスタントにETFの分配金が入っているので楽しいですね。

f:id:toyo--104:20190310002552p:plain

ウェルスナビの口座開設は、WealthNavi のホームページからも出来ます。

⇛WealthNaviに口座を開設する

また、SBI証券口座経由でも申し込めます。

SBI証券からだとつみたてNISAやiDeCo、あとで紹介するTHEOと纏めて残高を確認できるのでオススメですよ。

⇛SBI証券に口座を開設する

f:id:toyo--104:20190310003203p:plain

SBI証券口座でウェルスナビの残高が見られます

THEO

続いて、THEOです。こちらも「お金の生存戦略」のキャッチコピーでCMや広告を打っている有名どころです。

京大と協力してAIでの資産運用を導入しています。

ウェルスナビと違って27種類(記事執筆時点)のETF銘柄に投資します。

ウェルスナビは7種類でしたので、より多くの銘柄に分散して投資することができますね。

 

運用成績ですが、16万円入金して、+2,070円になっています。

こちらもリスクMAXなので、結構ブレが大きいです。

f:id:toyo--104:20190310000415p:plain

THEOWealthNavi と同じく、THEOのサイトからも口座開設できます。

また、SBI証券口座経由でも申し込めます。

⇛THEOに口座を開設する

⇛SBI証券に口座を開設する

 

ロボアドバイザーは手軽に優秀な海外ETFで資産運用ができる便利なツールです。

日々残高が変化したり、ロボアドバイザーが資産構成を変更する様を眺めるのはなんとも楽しいものです。

こんなに素晴らしいロボアドバイザーですが、欠点を1つ上げるとすれば、運用にかかるコストが年1%程度と若干高めです。

さらなるパフォーマンスを求める方は、直接、海外ETFを買い付ける方法もあります。

こちらの記事に書いていますので、気になる方は見てみて下さいね。 

www.toyo104-memo.com

 

自動でFX運用「トライオートFX」

更にロボアドバイザーも既に始めている方には、更にマニアックな自動運用「トライオートFX」をご紹介します。

FXは、ドル/円や、ユーロ/ドルなど、世界中の通貨のレートを対象にトレードする商品です。

f:id:toyo--104:20190310012722j:plain

FXは基本的に、月~金曜日に24時間取引できるので、更新が多くて眺めて楽しむにはモッテコイです。

トライオートFX」もロボアドバイザーと同じく、口座に入金&設定を少し選ぶだけで運用が始まります。

ぼくも半年前くらいにはじめました。以下の記事も参考にしてみて下さい。

www.toyo104-memo.com

 

トライオートFX」は、これまで紹介してきたつみたてNISA・iDeCo・ロボアドバイザーと違って、レバレッジがかかっています。

レバレッジとは、少ない資金で大きな金額を動かすための仕組みですが、ここでポイントになるのは、損失がある程度進むと強制ロスカットされ、損失が確定されてしまうことです。

つみたてNISAやiDeCoでは損が出ても投資信託を売却するまでは損が確定しませんので、 「トライオートFX」は上級者向けの商品になります。

強制ロスカットを避けるためには、多めに証拠金を入れておく事が重要です。

(コアレンジャー豪ドル/NZドル 1,000通貨の場合、30万円も入れておけば安心)

 

トライオートFX」は安全な状況で運用すれば毎日チャリン・チャリンと小銭を稼いでくれるので楽しいですよ。(ある程度の含み損は許容することになりますが)

⇛トライオートFX口座を開設する

 

まとめ:投資には怖さもあるけど楽しい

さて、ここまでぼくのオススメ投資を紹介してきました。

つみたてNISA以外は、ぼくは全部口座を持って実際に運用しています

ぼくはつみたてNISAの制度が始まる前に、ただの「NISA」口座を作っていてこちらを運用しているので、つみたてNISAはやってません。

勿論、「NISA」から「つみたてNISA」に変更できるのですが、海外ETFを取引したいので「NISA」のまま運用してます。(買付手数料が無料なので・・・)

ぼくみたいに頻繁にトレードする人以外は、つみたてNISAの方が圧倒的に有利なので、この記事ではつみたてNISAをイチオシしてます。

投資は自分自身のメンタルとの戦いです。

損が出たときに、計画通り駄目な株を売却できず塩漬けにしてしまう人。

FXで欲に目が眩み、レバレッジを掛けすぎて資金の大半を失ってしまう人など枚挙に暇がありません。

 

今回紹介したものは、基本的に自分のメンタルを問われない、自動積立やロボットの運用によるものです。

積立なら損失が出ていても「今後安く買える」と思えますし、つみたてNISAで購入できる商品は金融庁お墨付きの優良商品ばかり。iDeCoに至っては、毎年大きな税額控除が受けられて、損失が出ても税金でカバーができます。メンタルに非常に優しい商品群です。

 

また、ロボによる運用ならば自分の主観は入れられません。淡々とロボットが運用してくれますから、あとは見守るだけです。ロボアドバイザーも積立で入金し続ければ、さらにリスクを減らせるでしょう。

 

トライオートFXは、リスクの取りすぎに注意が必要ですが、レバレッジを低めに押さえれば十分安心して小銭が稼げます。

 

資産運用は給料の上がらない日本では今後必須になっていくスキルです。

ご紹介した積立・自動運用で楽しく資産を増やしていければ、皆さんの生活や老後を豊かにしてくれると同時に、日々にちょっとしたスリルと楽しみを与えてくれるでしょう。

グッドラック!!

 

⇛SBI証券に口座を開設する

⇛楽天証券に口座を開設する

⇛WealthNaviに口座を開設する

⇛THEOに口座を開設する

⇛トライオートFX口座を開設する