プログラミングと資産運用な日々

プログラミングと資産運用が中心の雑記ブログです。

今更だけど、Windows10でDockerをはじめてみよう!インストール・起動・停止など(CentOS)

ドッカー。何回か使ったことはあるんですが、なんだかイマイチ使いこなせてる気がしなくて、記事にまとめながら勉強したいと思います。ちなみに、Windows10にインストールする前提で進めていきますね。

 

Dockerってなに?

ユーザー目線でざっくりいうと、Dockerを起動していれば、その上に環境構築済のOS入りディスクイメージを沢山展開できるというものです。

 

VirtualBox等の仮想サーバーと似てますが、Dockerの方が起動が早く、使い捨てにできるイメージですね。

 

起動するディスクイメージのことを、コンテナと呼びます。

 

下のdockerロゴみたいに、コンテナを沢山積んだクジラ、これを想像してもらえば、dockerの印象がなんとなくわかるのでは、と思います。

f:id:toyo--104:20181123002701p:plain

インストール・起動

まずは、Dockerのインストールから。以下のリンクからインストーラーがダウンロードできます。ユーザー登録が必要なのが玉にキズですね。

 

Get Started with Docker | Docker

 

インストール後、スタートアップに自動で登録されます。結構リソースを食うので、必要な時だけ起動したいので、「タスクマネージャー>スタートアップ」で状態を「無効」にしました。

 

f:id:toyo--104:20181124001309p:plain

 

ちなみに、無効にした場合は、今後Dockerを使う時は当たり前ながら、起動が必要になります。WIndowsでdocker等と打てば、カンタンに見つかるはずなので、これを起動しましょう。

 

f:id:toyo--104:20181124001619p:plain

 

起動すると、デスクトップ右下にポップアップウインドウがでてきました。なんだかコマンドを解説してくれたりします。

 

f:id:toyo--104:20181124001830p:plain

さて、コマンドプロンプトで「docker」と打って、何か反応があれば無事起動しています。

 

Dockerイメージを入手する

さて、Dockerを起動できたら、イメージを入手しましょう。

事前に色んなアプリが使えるようにセッティングされたイメージがあって便利です。

 

以下のDocker Hubのページからイメージをダウンロードできます。

 

https://hub.docker.com/explore/

 

こんな感じで色んなイメージを選択できます。

f:id:toyo--104:20181124003056p:plain

 

今回はcentosにしてみます。

ダウンロードはdocker pullコマンドで行います。

各イメージのページの右側に、ダウンロードコマンドが書いてありますので、この通りやればOKです。

 

f:id:toyo--104:20181124005430p:plain

 

docker pull centos

 

そうすると、ダウンロードが無事進むと思います。

f:id:toyo--104:20181124005533p:plain

完了したら、「docker images」コマンドで、ちゃんと追加されたか確認できます。

f:id:toyo--104:20181124005750p:plain

docker imageの起動・ログイン

さて、ダウンロードしたイメージを起動しましょう。

docker run -itd centos」で起動できます。

「-it」オプションは、dockerを操作するために必要なオプションです。

「-d」オプションは、バックグラウンドで実行って意味です。 

 

 

docker ps」コマンドで、起動しているか確認しましょう。

f:id:toyo--104:20181124010815p:plain

変な名前がついています。今回は「hopeful_meninsky」。希望的なmeninsky?なんじゃそれ。

 

これをメモっておいて、、「docker attach hopeful_meninsky」でcentosのコンソールに入れます。パチパチ^^

f:id:toyo--104:20181124010931p:plain

 

Dockerから抜ける・停止する

Dockerから抜けるときは、ctrl+P、ctrl+Qで抜けてください。

一方、exitすると、そのDockerコンテナは停止します。

停止したDockerコンテナは、「ps -a」コマンドで確認できます。

f:id:toyo--104:20181124154910p:plain

 

停止したDockerを起動する

停止したDockerを起動するには「dcocker start コンテナID」で可能です。

先程、「ps -a」では、一番左に「CONTAINER ID」が載っていましたので、これを入れます。ちなみに、全桁入れる必要はなく、一意になれば3文字くらいでも大丈夫

f:id:toyo--104:20181124155448p:plain

 

docker attach」でまたコンテナに入れます。

f:id:toyo--104:20181124155633p:plain

 

ちなみに、exitでコンテナを停止しても、中身のデータは消えません。

実は、先程、centosのホームディレクトリに、「test.txt」というファイルを作っておいたのですが、ちゃんとあります。(下から4番目)

 

f:id:toyo--104:20181124155803p:plain

 

とりあえず最低限の動きはできるようになった

とりあえず、Dockerのインストール、イメージのダウンロード、コンテナの起動、停止といった、最低限の動きはこれまでの手順で出来るようになったと思います。

ただ、コンテナ起動しただけだと意味ないので、本格的に使えるように、今後も色々と調べていきたいと思います。

 

それはまた別の記事にて。