お金プログラム ~だれでもノマド~

ノマド的な稼ぎ方、投資、IT系(プログラミング)に関するブログです。

目的と手段を履き違えると迷走する。プログラミングもそうだよね。

仕事で、迷走気味なプロジェクトの打ち合わせに出席して、こりゃダメだ、って思った今日この頃なんですが・・・。

(ぼくはシステムエンジニアをしています。)

 

ブログのネタにも出来るかなって思い、書いてみます。

 

f:id:toyo--104:20180619234339p:plain

 

 

手段が目的になってるパターン

壮大な構想を聞かされて、結局それって何がしたいんですか?って聞いてみると、明らかに答えにならないモヤっとした答えが返ってくる。

 

プログラミングだと、

・プログラムを開発して

・ビジネスに使って

お金を生み出してナンボ

なんですが、

「プログラムを開発する」 って言うことに意識が向きすぎて、肝心のどうビジネスに活かすのか、とか、どうやって利益を生み出すのか?ってことがあんまり考えられてない。

 

こういう負けパターンが結構多いんですよね。

 

プログラムってただの手段、別に手でやったっていいじゃん

何かのビジネスモデルがあって、それを実現するために、この工程は手でやるのだるいな~ってところにITを使う、これは正解です。

 

ビジネスモデルはないけど、世間でITが流行ってるから使いたい、これはダメなパターンです。大金注ぎ込んでシステム作ったけど、誰にも使われない、なんてことになりがち。

 

あくまでITだのプログラムだのは、補助ツールであって、目的じゃないんですよね。

ITなくたって、人力でやったっていいんですから。ただそれだとダルいとか、人件費がかかり過ぎるからITを買う。IT自体が目的ではないはず。

 

「スコップ買うのが目的」 って言うと、みんなおかしいと思うのに、「AI買うのが目的」って言うとおかしいと思わない不思議・・・。

 

でも、そのまま流れてITを買う、作るってなってしまった場合は……、以下に続く。

 

最初から豪華なものはいらない、最低限から徐々にレベルアップ

目的と手段を履き違えてる人に誤ちに気づいてもらうためにも、最初は安いもの、お手軽なものから始めるのが成功のポイントなんです。

 

大規模ITシステム導入する前に、その辺に転がってるデスクトップでプロトタイプ作ってみるとか、エクセルで最低限の処理を作ってみるとか・・・。

 

やってみると気づきがたくさんあるはず!それから大きなシステムが本当に必要であれば作ればいいですよね~。

 

もしくは、案外プロトタイプで事足りるかもしれません。

 

以前にこんな記事を書いたこともあります。

www.toyo104-memo.com

 

これからはスモールスタートの時代ですよ~!

 

まとめ

あくまでITやプログラムって手段なんです。

流行りのAIも、AIを使って何をするのかが明確じゃないと、役に立ちません。

 

どうやって金を稼ぐのか、ビジネスモデルをしっかり考えるのが先ですよ。

IT使う事になったら、スモールスタートで、少しずつ気づきを得たほうがいいです。