お金プログラム ~だれでもノマド~

ノマド的な稼ぎ方、投資、IT系(プログラミング)に関するブログです。

VirtualBoxでCentOS7を簡単インストールする方法

仮想サーバ管理ソフト「Virtual Box」でLinux(CentOS7)をインストールしよう

f:id:toyo--104:20180516225726j:plain

 

「Virtual Box」は、パソコン上で簡単にLinux等のサーバを構築できる、仮想サーバ管理ソフトです。

 

今回は、Linuxの超メジャーなディストリビューション「CentOS」を構築する方法を解説しますね。

 

ちなみに、以前「Ubuntuサーバ」は別の記事にしてますので、Ubuntuがいい人はこちらを見て下さいね。

 

www.toyo104-memo.com

 

さて、CentOSインストールを進めていきましょう、

 

 

VirtualBoxダウンロード

まずはVirutalBoxをダウンロードしましょう。

以下のリンクから、最新版を入手してください。

 

Oracle VM VirtualBox - Downloads | Oracle Technology Network | Oracle

 

Windowsインストーラがありますね。

f:id:toyo--104:20180516213001p:plain

 

インストーラー実行

ダウンロードしたら、「VirtualBox~~.exe」を実行しましょう。

基本的に、ずーーっとNextを押していけばOKです。

 

f:id:toyo--104:20180516213138p:plain

 

VirtualBox起動

インストールが完了したら、自動でVirtual Boxが起動します。

起動しない場合は、以下のアイコンから起動してください。

 

f:id:toyo--104:20180502132214p:plain

 

この画面がでれば、無事インストール完了です。

 

f:id:toyo--104:20180516214156p:plain

 

次は、CentOSの起動イメージを入手しましょう。

 

CentOS起動イメージのダウンロード

CentOSを起動するには、起動イメージが必要です。

まぁ、インストーラーみたいなものだと思ってもらえれば大丈夫です。

 

以下のリンクから、ダウンロードしてください。

 

Download CentOS

 

「DVD ISO」が標準版です。こちらをダウンロードしましょう。

大きなファイルなので、ダウンロードには時間がかかります。

 

f:id:toyo--104:20180516214746p:plain

 

クリックすると、沢山のリンク先が出てきますが、どれでもいいので、リンクをクリックしましょう。ダウンロードが開始されます。

 

上の方にあるリンクがオススメです。

 

f:id:toyo--104:20180516215204p:plain

 

ダウンロードしたら、適当なフォルダに「CentOS~」ファイルを移動しましょう

 

f:id:toyo--104:20180516215050p:plain

 

VirtualBoxからCentOS起動イメージを使ってインストール

では、VirtualBoxに戻りましょう。

左上の「新規」をクリックしてください。

f:id:toyo--104:20180516215705p:plain

 

名前は適当に入れてください。

タイプは「Linux」、バージョンは「RedHat(64-bit)」にしてください。

f:id:toyo--104:20180516215801p:plain

 

次は、メモリーサイズの選択です。

 

インストールするパソコンのスペックや、どの程度今から作る「CentOS」仮想サーバを使うのか、によりますが、

 

ちょっとお試し、ということであれば、1,024MBで十分でしょう。

f:id:toyo--104:20180516215922p:plain

 

次は、ハードディスクの容量です。

お試しなので、「仮想ハードディスクを作成する」でいきましょう。

f:id:toyo--104:20180516220332p:plain

 

その次は「VDI」を選択してください。

f:id:toyo--104:20180516220438p:plain

 

ストレージは「可変サイズ」を選択しましょう。

f:id:toyo--104:20180516220548p:plain

 

ファイルの場所とサイズは、

名前は適当に、サイズもお試しなら「8GB」でOKです。

f:id:toyo--104:20180516220716p:plain

 

CentOSを起動しよう

やっと元の画面に帰ってきましたね。

CentOSのアイコンが出来ていると思います。

早速、「起動」を押してみましょう。

f:id:toyo--104:20180516220826p:plain

 

起動ハードディスクを選択、画面が出てきます。

フォルダのアイコンをクリックしてください。

f:id:toyo--104:20180516220937p:plain

 

先程ダウンロードした「CentOS~~」の起動ディスクを選択し、起動しましょう。

f:id:toyo--104:20180516221103p:plain

 

CentOSのインストール

しばらくすると、CentOSの起動画面がでます。

順調にやってきましたね!

 

矢印キーで、上下が動かせます。

「Install CentOS7」を選択し、「Enter」を押しましょう。

 

★注意点

ちなみに、マウスキャプチャで、CentOSの画面の中に入って操作することができます。

マウスキャプチャすると、マウスを操作できて楽です。

Windowsに戻るためには、「右側のctrl」を押す必要があります。

戻れなくなる人が多発してます。注意してくださいね。

 

f:id:toyo--104:20180516221536p:plain

 

次は、インストールする時に使用する言語を選択します。 

日本語」がありますので、「日本語」でいきましょう。

f:id:toyo--104:20180516222334p:plain

 

日本語でインストーラーが表示されました。

すごく分かりやすいですね。

 

黄色い「がついている「インストール先」をクリックしましょう。

 

f:id:toyo--104:20180516222820p:plain

 

お試しインストールなので、特に変更しなくていいです。

左上の「完了」を押しましょう。

f:id:toyo--104:20180516223224p:plain

 

インストーラーの画面に戻りました。

右下の「インストールの開始」をクリックしましょう。

f:id:toyo--104:20180516223342p:plain

 

今度は、ROOTパスワードと、ユーザーの作成が、黄色い「」になっています。

まずは、ROOTパスワードを設定しましょう。

ROOTパスワード」アイコンをクリックしてください。

f:id:toyo--104:20180516223458p:plain

 

ROOTパスワードを入力して、「完了」を押しましょう。

f:id:toyo--104:20180516223743p:plain

 

戻ったら、「ユーザーの作成をクリック」して、ユーザーを作成して下さい。

終わったら「完了」を押しましょう。

以下の画面の例では、testuser01というユーザーを作ってみてます。

f:id:toyo--104:20180516224213p:plain

 

インストールも設定も終わったら、右下の「設定完了」を押しましょう。

f:id:toyo--104:20180516224317p:plain

 

全部インストールが終わると、再起動を求められますので、右下「再起動」ボタンを押しましょう。

f:id:toyo--104:20180516224535p:plain

 

しばらく待っていると、再起動が終わり、CentOSが起動します。

ログインユーザーを入れろ、と言われるので、先程作ったユーザーを入れましょう。

この例では、testuser01 になります。

パスワードも求められたら入れましょう。

f:id:toyo--104:20180516224823p:plain

 

こんな感じでログインできたら完了です!!

結構カンタンですよね!

f:id:toyo--104:20180516225023p:plain

 

まとめ:CentOS7もVirtualBoxですぐ使えます

いかがだったでしょうか。

すごく簡単に、CentOS7でLinuxサーバが構築できたと思います。

失敗しても、何度でもすぐに作り直せますので、どんどん試してみて下さいね。