お金プログラム ~だれでもノマド~

ノマド的な稼ぎ方、投資、IT系(プログラミング)に関するブログです。

ブログだけじゃない!オリジナルコンテンツを販売する方法3つ【Note、KDP、BOOTH】

ブログ以外にもオリジナルコンテンツを配信する方法があるよ

f:id:toyo--104:20180422161801j:plain

 

 

オリジナルコンテンツを作ってお金を稼ぎたい、と思ってブログを始める人は多いはず。

 

ブログを作って記事をアップし、AdsenseやAmazonの広告を貼る方法以外にも、色んな稼ぎ方がありますよ。

 

Noteで記事やマンガ、写真を配信する

Noteはオリジナルコンテンツを作って配信するためのプラットフォームです。

 

既にご存知の方も多いと思います。

note.mu

自分で記事やマンガを書いて、「続きは有料で」なんて稼ぎ方ができます。

 

もちろん、無料記事もアップできます。

 

最後まで読んで気に入ったら投げ銭してもらう機能もあります。

 

既に影響力をもっているブロガーだと、あっという間にコンテンツが売れていきます。限定販売で、段々値上げしていく戦略もありですね。

 

イケダハヤトさんなんて、9,800円でNote記事売っても飛ぶように売れるそうなので、羨ましい限りです

 

www.ikedahayato.com

 

ちなみに、素人がいきなり有料記事を売り始めても、ほとんど売れません。

 

Noteをはじめ、ブログやTwitter、facebookなどでまずは名前を売るところから始めましょう。

 

ただ、マンガや絵だと、パッと見で上手さが伝わるので、イラスト系はこの限りではないかと思います。

 

KDP(Kindle ダイレクト パブリッシング)でKindle本を発売する

AmazonのKindleでも簡単に本が出版できますよ。

kdp.amazon.co.jp

原稿を書いて、Kindle専用ソフトで加工して、Amazonに登録するだけです。

 

本の出版と違って、誤記があっても後で修正できます。

 

Kindleでも無名の著者の本を高値で買ってもらうのは難しいので、低価格で売り出したり、Kindle Unlimitedで読んでもらって、読まれたページ数で報酬をゲットするのが良いでしょう。

 

マンガやアニメ系のコンテンツならpixivのBOOTHがオススメ

イラスト投稿SNSで有名なpixivのBOOTHを使えば、マンガや小説、ゲーム、さらにはコスプレ衣装なんかも販売できます。

booth.pm

オタク系コンテンツ売るならBOOTHがオススメですね。

pixivと連携しているので、イラストをアップしてる人ならファンに売れるかも。こちらもNoteのように、続きはBOOTHで、なんて売り方がいいのかも。

 

ジャンルで売る場所を変えよう

自分の売りたいものによって、アップするサイト(=売る場所)を変えるのがベストです。ブロガーならNote、イラストレーターならBOOTH、専門書ならKDP、といった塩梅ですね。

 

影響力がないと売れないよ

ただし、どれにも言えることですが、素人が作った有料コンテンツなんてほぼ売れません。

 

まずはブログの人気を高めるとか、Twitterで宣伝するとか、イラストレーターなら絵を練習するとか、日々の取り組みが重要ですよ。