お金プログラム ~だれでもノマド~

ノマド的な稼ぎ方、投資、IT系(プログラミング)に関するブログです。

時価総額とは

時価総額は、株価と発行済株式数をかけた数

f:id:toyo--104:20180514225818j:plain

 

よくニュースなどで「時価総額」というキーワードが取り上げられますが、時価総額ってどういう意味なのか?

 

時価総額は、とっても単純で、株価に発行済株式数をかけた数値です。

時価総額 = 株価 × 発行済株式数

更に詳しく説明します。

株価

皆さんご存知の株価です。決算が良かったり、新しいビジネスを発表する、等の好材料があると株価は上がります。

 

一方で、赤字の決算が出たり、会社の悪評が出ると、株価は下がります。

 

発行済株式数

発行済株式数は、文字の通り、発行した株式の数量を表します。 一般的に、沢山の株式を発行すると、株価は低くなる傾向にあります。

 

一つの会社の価値を、多くの株主で分け合うので、株価が低くなるのは当然と言えます。

 

参考: 追加で株式を発行することを「増資」といいます。
 

時価総額で企業の価値を判断できる

これまでの説明の通り、高い株価を保ち、沢山の株式を発行している企業の時価総額は高くなります。

 

一方で、高い株価を保っていても、発行済株式数が少なければ、時価総額は低くなります。

 

発行済株式数が多くて、株価が低い場合も同じく時価総額は低くなります。

 

このように、時価総額を使えば、単純に株価だけでは計ることの出来ない「企業価値」を表すことができます。

 

当然、株価や発行済株式数が企業の全てではありませんが、時価総額を高く保てる企業はそれだけ、マーケットに期待されている企業、ということになります。

 

TOPIXは時価総額を使った指標です

TOPIXという経済指標をご存知でしょうか。

 

日経平均株価と合わせて、たまにニュースの経済コーナーで発表される数値です。(日経平均の発表が一般的ですが)

 

このTOPIXは、東証一部に上場している全ての銘柄の時価総額を合計した数値です。 ぼくも真面目に調べるまで、よくわかってませんでした。。

 

ご参考まで。